不動産 空き家管理に関するお問い合わせ
不動産 空き家管理に関するお問い合わせメールフォーム

大阪エリア 阿倍野区を中心に東住吉区、平野区、西成区を対称とした空き家管理サービスを提供させていただいております。

空き地や空き家の利用について、費用のご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。 

空き家管理とは

通風、換気を行わない空き家は、湿気の滞留による畳の膨張や壁紙へのカビの発生を誘引する恐れがあります。

長く水道を使用しない事で配管内部にサビが発生したり、排水トラップ内の水が枯渇する事で異臭発生の原因ともなり、

害虫の侵入をまねく恐れもあるのです。雨漏りにより天井や壁、床の腐食等の発見が遅れれば家の劣化スピードは増すばかり。

定期的に室内の状態を確認し、家の異常を早期に発見できれば、大事に至る前に補修が可能で家の寿命を延ばす事に繋がります。

空き家の売却や賃貸を検討されるのであれば、より一層定期的な管理が大切です。日本の不動産市場では、管理の行き届いてない空き家は、その市場価値が著しく低く評価されてしまう傾向がございます。市場価値を回復させるためには多くの費用と時間が必要となり所有者の負担は増し、長く住み慣れた家、故郷の実家の劣化を防ぐために管理をお願いするのが空き家管理なのです。

空き家とはポストから溢れ出た大量のチラシやDM、草木が伸び放題の庭など一目見て誰も住んでいないと分かる状態で放置されている家を呼びます。空き家に不審者が侵入し、そのまま住みついてしまう。そんな冗談のような話が現実に起こっています。

管理を怠り、自ら空き家であることをアピールしてしまっていては、不審者に門戸を広げているようなものです。

また不審者だけでなく、昨今では自治体のごみの分別が進み、粗大ゴミの有料廃棄が定着してきた事もあり、空き家に粗大ゴミを不法投棄する者まで現れる始末です。

粗大ゴミに空き缶や生ゴミ、これらは誰も引き取ってはくれません。残念ながら現実的には所有者で処分するしかありません。

ゴミを放置すれば放火のターゲットなどになる恐れもあり、衛生上の問題だけでなく大変危険です。定期的な清掃を実施する事で清潔な環境を保ち、人の手が入っていると思わせる事が不審者を寄せ付けないためには必要なのです。

空き家管理業者に管理を任せて、看板など設置する事でも防止する有効な手段の一つとなります。

その点からもご自身での管理が時間的に難しい場合など、空き家管理業者を利用する人が今増えております。

空き家の屋根瓦が風や劣化で飛んで道路に落下したり、その瓦を踏んだ自転車が転倒して乗っている人が怪我をしたり、瓦が車に当たり破損させたり事故を招く事など普通に起こりえない話ではありますが、劣化の著しい空き家では、壁の崩落や家屋自体の倒壊などにより他人に危険を及ぼす可能性がある事を否定できません。

空き家といえども所有者には「施設の管理責任」があります。当然、管理責任者として怪我をされた方や壊れた車の所有者から賠償責任を問われる事になるでしょう。定期的な空き家の管理を行い、これらの危険要素を早めに取り除いていく事が無用の事故やトラブルの防止には欠かせません。昨今、空き家問題が社会問題として大きく取り扱われるようになり、防犯や景観上の観点から、老朽化した空き家の存在が地域社会に与える危険性を鑑み、「空家対策特措法」も制定されました。危険な空き家の所有者に対して、空き家の適正な管理の指導、勧告、命令を行い、従わない者に対しては氏名や住所を公表し、所有者の費用負担による空き家の撤去(行政代執行)まで行うなど、国や地方自治体もそのような厳しい姿勢で空き家問題に取り組んでいます。

空き家の増加というものが、地域社会の安全や持続的な発展に対して極めて憂慮すべき問題となっている証左と言えるでしょう。

また、管理の行きとどいていない空き家は、庭木の隣家への越境やゴミの不法投棄による異臭など、図らずも近隣住民とのトラブルを招いてしまう可能性がございます。遠くて中々家を見に帰れないでは問題発生後に後悔致します。

適切な管理を定期的に実施するためにも専門業者や不動産業者に依頼する必要がございます。

人が住まなくなった家は、空気の停滞などが原因で急速に老朽化していきます。

老朽化が進行すると不要なリフォーム工事費用が発生するケースや、野良猫なんかが住みついてしまったり致します。またゴミが捨てられるなど不法投棄、家が破損・汚損させられてしまったり大切な資産が大きな負債を抱えることにもなりかねません。

不動産売却を考える際、売家の価値がない状態でしたら古家付売地という方法もありますが、現在の住宅地の地価はピーク時よりも安くなっているため、現在の売却価格を考えるとすぐには手放したくないという方が少なくございません。

 

建物を解体して更地にすると建物維持の負担は必要なくなりますが、解体する為に多額の費用を要す事や、固定資産税・都市計画税の軽減を受けることができなくなり、結果として税金を多く支払う事もございます。

言い方を変えると、家が立っているからこそ税金を抑える事ができているといえます。空き家管理は少ない費用で家を長持ちさせ、将来の増税時期を遅らせることができます。今後起こりえる不測の事態を少額の費用で未然に防ぐために、空き家管理を行うことは欠かせない事なのです。

 

専門業者や不動産管理会社へ依頼をすると、毎月小額コストにて管理を実施いただけるので非常に安心して所有する事ができます。


空き家は積極的に有効活用するべき!

①きちんと管理しておかないと近隣クレームや犯罪等のリスクが高くなる

②管理コストがかかる(点検に行く工数・除草・ゴミの撤去等)

③もっているだけで税金がかかる

④放置して「特定空き家」に認定されると税金が最大6倍になる

⑤収入が得られる

⑥上手く活用できていると資産価値が高くなる

空き家の窓口相談へはこちらから