不動産任意売却に関するお問い合わせ
不動産任意売却に関するお問い合わせメールフォーム

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合、

売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却する方法です。

任意売却は任売とも言われています。

住宅ローンを滞納、延滞すると、債務者がローンを分割で返済する権利(期限の利益といいます)が失われてしまい、お金を貸した金融機関は残っている住宅ローンの全額を一括で返済することを要求してきます。残債務を一括で返済できない場合、金融機関は担保となっている自宅を強制的に売却し、その売却代金から貸したお金を回収します。

担保不動産を強制的に売却するのが競売です。競売は所有者の同意なしに売却することを裁判所が認め、裁判所が所有者に代わり、物件の購入者(最高価買受人)をオークション形式で決定します。

 

通常の販売方法で売り出しますので所有者の経済事情が知れわたりません。競売では裁判所やインターネットで公告されてしまうので競売物件として友人知人や近隣の住民に知れわたってしまう可能性が高いです。

市場価格で売却できますので競売に比べて高く売却できる可能性が高く、価格に納得したうえで売却できます。

競売の場合は任意売却に比べて安価で売却になってしまう可能性があります。いくらで売れるかわからないので不安になります。

契約日や明け渡し日など売却に関して、買主様に希望を主張できるので仕事やお子様の学校などに影響を与えないで済みます。

引越しするにあたって引越費用の一部を売却代金の中から控除してもらえる可能性が高いので金銭的負担が軽減されます。

デメリットは競売に比べて短期間で引越しをしなければならないこと位です。平均3カ月~6カ月早く引越しなければなりません。

 

住宅ローンなどの返済が困難に陥った時、債務者であるお客さまと債権者(各金融機関)の間にT・Mプランニング株式会社が立ち、競売入札が行われる前に、双方合意のもと、お客さまの不動産を市場で任意に売却する事を任意売却といいます。

金融機関や役所担当者の方に担保権抹消や競売の取り下げ、差し押さえの解除などの折衝を代行いたします。

下記の様な方は一度ご相談ください。

1.今後住宅ローンを延滞してしまいそうな方

2.住宅ローンの支払いが既に滞っている方

3.不動産の差し押さえ、競売申し立てをされた方

任意売却に一番大切なのはスピードです。ご家族に内緒で相談したい方は、ご自宅以外でお話を伺うことも可能です。

当社営業時間外でも可能です。まずはご相談という一歩を踏み出してみてください。

どうしよう…と考えている間に手遅れになるケースもありますので、1日でも早いご連絡をお待ちしています。