不動産売買に関するお問い合わせ
不動産売買に関するお問い合わせメールフォーム

●買い替え・住み替えの予算計画についての流れをご説明

まずはご自宅(不動産物件)を査定してもらう事から始めます。

 

不動産の査定結果を確認してお住まいが実際においくらで売れるのかを知る必要がございます。

ご自宅の売却・引越し・新規不動産物件の購入にかかる費用を見積りをします。

 

住宅ローンの新規借り入れや借り換え、住み替えローンなどで借り入れ可能額を確認して新規不動産物件の購入スケジュールを立てます。


●買い替え・住み替えを成功に導く不動産コンシェルジュ

T・Mプランニング株式会社では、大阪市阿倍野区を中心に買い替えや住み替えをお考えのあなたにとって、現在お住まいの不動産売却は大きな悩み。

 

現在の住まいを高く売って無駄な費用や手間をかけずスムーズに買い替え・住み替えを行うために適切な売り買いのタイミングを知る必要がございます。

 


●買い替え・住み替えポイントはここ!

 現在の住宅の売却価格を知り、購入物件の予算を立てる。

売り買いのタイミングをしっかり考えたスケジュールを計画し、住宅ローン・諸費用を考慮し無理なく住み替える。自身で所有している住宅売却価格を知って予算計画を立てる! 買い替え・住み替えを成功させるためには、事前にしっかり資金計画を立てることが大切です。資金計画を立てるには、まず現在の不動産物件がいくらで売れるのか知り必要がございます。その上で、新規物件の購入が可能かどうか、予算はどの程度かかるのかなど計画を立ててまいりましょう。


不動産売買タイミング メリット・デメリット

自宅売却 → 新居購入【売り先行】

・メリット:売却金額が確定する為、新居購入資金計画が立てやすい。

・デメリット:仮住まいや引越しの費用と手間がかかる。

●引越しの前に不動産売却の活動をする為、プライバシーが気になる。

新居購入 → 自宅売却【買い先行】

・メリット:気に入った物件をじっくり探すことができる。

●新居への引越しを済ませてから売りに出せる。

・デメリット

●購入資金を先に準備する必要がある。

●短期借入や二重ローンが必要な場合がある。

●現在の自宅が売れるかどうか不安。


買い替え・住み替えのケース事例について

モデルケースを参考にご紹介させていただきます。

どのように売却を進めるのが良いのか考えてみます。

 

住宅ローンの残高が多く自己資金も少ない場合、現在の住宅のローンの残債が大きい場合は、

現在の住居をなるべく高く売却することが重要です。

売却により住宅ローンを完済できる場合は、新しいローンを組み直します。完済できない場合は、

売却損がなるべく少なくなるように販売し、住み替えローン(買い替えローン)を利用したり、

ローンの借り換えをすることになります。

購入物件が決まっていない場合は、先に現在のお住まいをじっくり高く売却し、

後から最適な住居を探すこと(売り先行)をおすすめします。先に売却することで、

無理なくゆとりをもった資金計画とスケジュールを立てることができます。

多くの住み替え・買い替えにお悩みの方にとって、ゆとりをもった資金計画を立てる余裕がないことも事実です。

T・Mプランニングにご相談いただく方も、近々に引越しが必要になって初めて自宅の売却を考えたり、

住みたい物件が見つかってから売却の相談に来られる方が多数を占めます。

売却までの期間が決まっている場合は、売却と購入を同時にすすめて、タイミング良くスムーズに売り買いを

行うことが重要になります。そのためには、買取保証をつけた上で仲介による売却を行い、現在の住宅が売れ残る

リスクをカバーした上で、より高く売却することを考えます。

仲介による売却で購入者が見つかった場合は、引き渡し時期を交渉し、新しい住宅への引越しスケジュールと

合わせてもらうことで、仮住まいなどの無駄な費用がかからないようにできることもあります。

買取の場合は当社が買主になるため、あなたの住み替えスケジュールに沿って、最適なタイミングで買取と引き渡しができます。

 

理想の住まいが見つかったので今すぐ売却したいあなたは

理想の住宅はなかなか見つかりません。人気がある地域の土地や住宅は販売前に取引きされることや、販売されてもすぐに売れてしまうことがほとんどです。

住み替えや買い替えのための土地や住宅を探していて、やっと理想の物件に巡り会えた場合は逃したくありませんよね。

せっかく見つけた理想の物件を購入するために、すぐに現在の住宅の売却が必要な場合は買取で売却することができます。

買取では、あなたのご都合に合わせて売却物件の引き渡し時期を調整いたしますので、仮住まいや短期借入の費用を抑えることができます。

また、売却までに1ヶ月以上の期間の猶予がある場合は、短い期間であっても仲介で販売することで高く売れる場合があります。

買取保証を付ければ売れない不安からも解消されます。

 

プライバシーを大切にしたいあなたは

現在の住居の売却を誰にも知られたくない場合や、居住中の住まいに見学希望者を招き入れるのは抵抗がある方は、

買取で売却することをおすすめします。買取であれば、プライバシーを気にすることなく、スムーズに住み替えできます。

資金に余裕がある方や買い替え時に新規ローンが組める方は、先に新居を購入し、後から古い住居を売却すること(買い先行)をおすすめします。

引越し後に売却すれば、プライバシーを気にすることなく、じっくりと売却することができます。

仲介による売却では多くのケースで買取より高く売却できるため、買取で売却後に購入するよりも、購入後に仲介で売却した方が、お得に買い替えできる場合があります。現在の住宅ローンの残債が少ない場合は、住宅ローンが残ったままでも、先に買い替え物件を購入できる場合がありますので、まずはお問い合わせください。

■住まいを買い替えしたいのですが、どうすればいいでしょうか?

住み替え・買い替えでは売却と購入のタイミングが重要になります。

先に現在のお住まいを売却すると、仮住まいが必要となり、余計な出費がかかることがあります。

逆に先に新居を購入すると、販売期間に余裕がなくなり、値段を下げての売却になることがあります。

T・Mプランニングでは、あなたに最適な住み替え・買い替えプランをご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

■新居の完成まで物件の引き渡しを待っていただくことはできますか?

買い取りでの売却であれば、引き渡しスケジュールをあなたの希望に合わせて調整することができます。仲介での売却の場合は買主様との交渉になります。

■住宅ローンが残っており売却損が1,000万円以上ありそう、買い替え可能でしょうか?

以下のような項目があれば可能な場合もあります。お気軽にご相談ください。

ご自身の収入や信用力が高い。

買い替える住宅の金額が安い。

他の担保を提供できる。

家族でローンを組むことができる。(親子住み替えローンなど)